自転車と股の黒ずみの関係


毎日自転車通勤をしているとか、お買い物は自転車で遠くまで行っているなど、自転車を愛用している女性もいっぱいいます。最近ではおしゃれな自転車も多く、マウンテンバイクやロードバイクなどの多種多様な自転車がありますからね。

だから自転車の利用者は案外増えており、もしかしたらあなたも自転車ユーザーの一人かもしれませんね。実際最近の不景気により車を買える人も少なくなっていますから。

さらに言うと車の格好よさが分からないと言う方も増えており(私もその部類です)、自転車の方が可愛いという価値観を持つ方も増えていますしね。

また自転車を趣味にする方も増えており、サイクリング自体を楽しむ方も多く時代の流れを考えると自転車を利用しているというのはむしろ好感度が高い場合も多く現代人にとっては切っても切り離せない乗り物の一つです。

でもそんな自転車愛用者やサイクリング好きの中には、股の黒ずみに悩んでいる人もいるんです。

「えっ、自転車と股の黒ずみになんの関係があるの?」と思われる方もいるかもしれませんが、実はこの自転車と股の黒ずみは大きく関係しているんです。

以下ではそんな自転車と股の黒ずみの関係について詳しく解説していきます。自転車と黒ずみにどんな関係があって、ケアする方法はあるのかなど、自転車で起きる黒ずみについてチェックしてみてくださいね。

自転車に乗ると股に黒ずみが出るって本当!?

自転車と股の黒ずみの関係


では早速そんな自転車と股の黒ずみや色素沈着の関係について紹介していきます。そもそも自転車に乗ると本当に股の黒ずみが進行してしまうのでしょうか。

以下ではそんな自転車に乗ると股に黒ずみが出てしまう理由や原因について詳しく解説していきます。自転車は確かに便利な乗り物ではありますが、場合によっては以下で解説する通り股の黒ずみのリスクが高いのです。

また男性の場合は男性機能の低下(インポテンツ)などの可能性もあるので、一概に最高の乗り物であるとは言えません。

もちろん自転車に乗る方でもきちんと日々のケアを心がけていればそういったリスクも避けることができますが、まずはそんなケア方法について知る前に一度どうして自転車に乗ると股に黒ずみが出てしまうのかその理由をチェックしてみましょう。

なんでもそうですが、トラブルが起きた時はトラブルの原因を突き止めるのが大切です。以下ではそんな自転車に乗ると股に黒ずみが出てしまう理由について紹介していきますので一度チェックしてみてくださいね。

走っている時の衝撃が刺激になる

肌は刺激を受けると守ろうとする防御反応があるんです。強い刺激を受けると肌内でメラニンが作られて、それが肌にたまったものが黒ずみなんですね。

自転車で走っている時は平坦でスムーズに走れる道ばかりではありません。デコボコした道だと衝撃が股に加わりますし、坂道だと力を入れてペダルをこぎますから、どうしても股に力が入ってしまいます。

こうした衝撃が肌には刺激となって伝わって、メラニンが作られて黒ずみになってしまいます。

硬いサドルによるこすれ

自転車のサドルは意外と硬くて、サイクリングなどで乗っている時間が長くなるとお尻が痛くなりますよね。

当然、股にも圧力が加わって刺激になっていますし、こぐたびにサドルと股がこすれて刺激を受けてしまうんです。刺激=メラニンですから、硬いサドルの影響で黒ずみが起きやすくなってしまいます。

汗と蒸れによる刺激

自転車をこぐと汗をかきますから、洋服や下着に包まれている股は蒸れやすくなります。汗と蒸れは肌のバリア機能を低下させてしまって、外からの刺激に弱くなります。

お風呂にはいると指がシワシワになるのは、表面の角質がふやけて弱くなっているからなんですね。一緒に肌のバリア機能も弱くなっていて、肌が傷つきやすい状態なんです。

似たようなことが汗と蒸れによって引き起こされていて、股の皮膚が弱体化してしまって刺激を受けやすくなるんです。それが影響してメラニンが作られ、黒ずみの原因になってしまいます。

冬場の低温と乾燥

夏場は汗に悩まされる自転車ですが、冬場は低温と乾燥に悩まされてしまいます。寒くて気温が低いと血管が収縮して、血流が悪くなるんです。

おまけに湿度が低いですから、肌も乾燥しやすくなるんですね。厚着していても、寒い冬には股も気候の影響をダイレクトに受けてしまって、乾燥しやすくなっています。

血流が悪いと乾燥も進みやすいし、肌のターンオーバーが乱れてしまうんです。乾燥による刺激とターンオーバーが乱れて古い角質がはがれにくくなるというダブルパンチで、黒ずみが起きやすいんです。

下着や洋服との摩擦

自転車に乗っている時には常にこいでいますから、下着や洋服と肌との摩擦が起きてしまいます。見た目がかわいい下着でも肌に刺激を与える素材だったり締め付けが強すぎると、摩擦も起きやすくなります。

ピチピチのスリムパンツなども、摩擦の影響を受けやすいですね。着ているものと肌との摩擦でメラニンが作られてしまって、黒ずみになってしまいます。

ではどうやって自転車による股の黒ずみリスクを避けるのか?

自転車と股の黒ずみの関係


自転車に乗ると股の黒ずみのリスクが高まるのは分かったと思います。自転車のサドルによる股間の摩擦や圧迫などが股の黒ずみにつながるわけですね。

では股の黒ずみが気になるなら自転車に乗るな!!ということかというとそういう訳ではありません。きちんと自転車による股の黒ずみリスクを下げるやり方もあるので知識として知っておくのをおすすめします。

以下ではそんな自転車による股の黒ずみのリスクを下げるやり方について詳しく解説していきます。もし日々自転車に乗ると言う方は一度チェックしてみてください。

ほんの小さなことですが、自転車に乗るときに少しだけ意識すれば股の黒ずみ予防になるので参考にしてみてくださいね。

体格に合ったサドルの高さに

自転車で黒ずみが起きる原因は色々とありますね。ここからは、黒ずみを起こさないようにする予防法などを紹介していきましょう。

自転車に乗っている時に体重が一番かかっているのがサドルの部分です。サドルの高さが合っていないと余計に圧力がかかってしまって、股への刺激が増えてしまいます。

必要最小限の圧で自転車をこぐことができれば、黒ずみも起きにくくなりますね。まずは、自転車のサドルの高さを調節しましょう。自分の体のサイズに合った高さにして、できるだけ体にかかる圧を減らすのが黒ずみ対策になります。

サドルを変えるかカバーを付ける

硬いサドルは黒ずみの原因になるだけじゃなくて、体も疲れてしまいます。可能であれば、クッション性の高いサドルに変えてあげるのが一番ですね。

デコボコ道を走っても衝撃を吸収してくれて、股にかかる負担を減らせますから黒ずみ防止になります。家族と共同で自転車を使っているという人は、サドルごと変えるは難しいですよね。

そんな場合には、サドルカバーを付けてあげるだけでも大分違います。クッション性のあるカバーを付けてあげて、衝撃を少しでも和らげてあげるのがおすすめです。

デコボコ道を回避する

スムーズに走りにくいデコボコ道や段差がある場所などは、できるだけ通らないようにしましょう。ドスンという衝撃を受けるだけでも肌はかなりダメージを受けてしまいますから、避けるのが無難です。

自転車ルートを変えられないならスピードを少し落としてあげて、なるべく体に衝撃を受けないように工夫しましょう。

自転車への工夫以外にも股の黒ずみは予防できる

また自転車自体への工夫や乗り方の工夫以外にも自転車での股の黒ずみは予防することができます。こちらも知っておくと小さなことですが、股の黒ずみの予防になります。

普段から毎日自転車を乗る方などは小さなことですが実践しておくと変わってきますから頭の片隅にでも置いておいてください。

自転車による股の黒ずみを含めて、股の色素沈着というのは出てしまうとなかなか面倒な症状です。「恋人の股の黒ずみに失望!?恋人の股の色素沈着ってどう思う?」という記事でもあるように、やっぱり異性からの印象もよくないですからね。

自転車によく乗るという方は後々のためにも普段から少しだけ意識しておくことが大切ですね。

刺激を受けにくい下着や衣類のすすめ

着るものを工夫するだけでも、黒ずみの原因を減らせます。締め付けの強い下着や通気性がよくない下着は、黒ずみの原因になってしまいます。ベストなのは天然素材でできていて、通気性や吸湿性のいい下着です。

女性なら下着にこだわりたいでしょうが、そこはぐっと我慢して、ゆとりがあって機能性の高い下着を身に着けるようにしましょう。上に着るパンツも、スキニーやスリムなものは避けるのがおすすめです。

締め付けが強いものほど黒ずみにつながりますから、ファッション性よりも実用性重視で、自転車に適した格好をするのがいいですね。

お風呂でのゴシゴシ洗いはダメ

黒ずみが気になって、お風呂でついゴシゴシ洗っていませんか?股の黒ずみは汚れではありませんから、こすると余計に刺激になって黒ずみを悪化させてしまいます。股がデリケートゾーンなんて呼ばれることもありますよね。

皮膚の厚さが二の腕の10分の1くらいしかなくまぶたよりも薄くて、とてもデリケートだからそう呼ばれているんです。つまり、それだけ傷つきやすい部分なので、ナイロンタオルやスポンジで洗うと刺激が強すぎるんです。

たっぷりと泡立てた低刺激なボディソープで、手で優しく洗ってあげるのが正解です。また、ボディーソープも種類によっては黒ずみの原因になりますから、デリケートゾーン専用の石鹸を使うのがベストです。

黒ずみ対策になる成分も入っていますし臭い対策にもなりますから、女性の色んな悩みに役立ってくれます。

デリケートゾーンの保湿

ボディケアで体の保湿をしているという人はたくさんいますよね。では、デリケートゾーンはどうでしょうか。皮膚が薄いということは保湿力が低い部位なので、きちんと保湿してあげないと乾燥してしまいます。

黒ずみ対策に重要なのはターンオーバーをしっかりと働かせて、黒ずみを肌から追い出すことなんです。

乾燥していたり肌状態が悪いと、ターンオーバーが乱れてしまって、黒ずみが排出されにくくなるんですね。だから、日々の保湿が黒ずみケアには一番重要で、肌を健やかな状態に保つのに役立つんです。

原因を取り除いて正しい黒ずみケアを

いつでも好きなところへ行ける自転車は手軽な乗り物です。そんな自転車や趣味のサイクリングで悩みが増えてしまうのも悲しいですから、少しでも黒ずみの原因を減らして楽しく自転車に乗るようにしましょう。専用の美白アイテムを上手に取り入れて、攻めの黒ずみケアを継続するのが大事ですね。

股の黒ずみ専用に作られたクリームも最近の脱毛の流行などにより非常に質の高いアイテムが多数販売されていますから、正直これを使わない手はありません。

もちろん自転車による股の黒ずみ予防にもなりますし、すでに出てしまった股の黒ずみのケアにも役立ちます。上で挙げた自転車による股の黒ずみの予防方法と同時に専用のクリームの使用も賢い選択ですね。

以下では参考までにそんな股の黒ずみケアにおすすめのクリームについても紹介しておきますので、興味のある方は一度参考にしてみてくださいね。

デリケートゾーン専用の美白クリームのすすめ

自転車による股の黒ずみ


自転車での股の黒ずみを含むデリケートゾーンの黒ずみケアで一番効果的なのが、美白成分が入った専用のクリームでケアしてあげることです。

最近のデリケートゾーン専用美白クリームは保湿効果が高いものが多いですから、保湿ケアの代わりに美白クリームで念入りにケアしてあげれば、保湿も美白も一緒にできて楽チンです。

黒ずみに効く成分が入っているかどうかが重要なので成分表を確認してみて、美白成分の種類や配合量が多くて低刺激なものを選びましょう。

また、保湿も重視したいので、保湿成分がたっぷり入ったものがおすすめです。効果のある美白成分入りのものは、薬用とか医薬部外品とパッケージに書いてありますからわかりやすいです。

メラニンを抑制して黒ずみを予防する効果がありますから、他のケア用品よりも早く黒ずみが消えやすいんです。ただ、黒ずみの美白ケアは時間がかかるものなので、すぐに諦めないで毎日お手入れを重ねていくのが大事ですね。

ハーバルラビットがチャリダーにもおすすめ!!

自転車による股の黒ずみ


そんな自転車による股の黒ずみ予防や既に出てしまった股の黒ずみケアにおすすめのクリームはやっぱりハーバルラビットです。ハーバルラビットについては美容雑誌や美容メディアでも大きく取り上げられているので既にご存知の方も多いと思います。

以下では参考までにそんなハーバルラビットでの股の黒ずみケアへの口コミについて紹介しておきます。もし興味のある方は一度チェックしてみてくださいね。


ハーバルラビットの股間の黒ずみへの口コミと最安値