鼠蹊部と股の付け根の黒ずみ


ビキニランや太ももの付け根、股の付け根(鼠径部)の黒ずみ気になりますよね?特にこの部位は皮膚が薄いため黒ずみになりやすいのです。

また最近ではアンダーヘアのお手入れをする人が増えており、今や女性にとってはエチケットの一つとして確率されています。しかしアンダーヘアを処理したことで股間の肌が露出され鼠蹊部や股の付け根の黒ずみに気づく方がたくさんいます。

やっぱりせっかくアンダーヘアの処理をしたのに黒ずみがあっては残念ですよね。本末転倒もいいところです。むしろ場合によってはアンダーヘアのお手入れをしたせいで、より鼠蹊部の黒ずみが露呈されて目立ってしまう場合だって考えられます。

だから実のところ他人には言わないだけで、こういった鼠蹊部や股の付け根の黒ずみ深いコンプレックスを抱えている人が非常に多いです。

でもそんな鼠蹊部の黒ずみに関する悩みを解消したくても、相談するのは恥ずかしいと思って一人で悩んでいませんか?

でも、ご安心ください。股の付け根(鼠径部)の黒ずみは肌が黒くなるメカニズムを知り、お手入れをすることで改善・予防ができるのです。正しい知識を身に着けて、理想の肌を手に入れましょう。

以下ではそんな鼠蹊部や股の付け根の黒ずみの正しい解消方法について原因から詳しく解説していきます。

もし鼠蹊部や股の付け根の黒ずみや色素沈着にコンプレックスを持っている方は一度チェックしてみてください。確かに股の付け根の黒ずみというのは厄介な症状ではありますが、きちんとケアさえすれば対策自体は非常に簡単ですから。

鼠蹊部や股の付け根に黒ずみが出る原因ってなんだ!?

鼠蹊部と股の付け根の黒ずみ


ではまずはそんな鼠蹊部や股の付け根の黒ずみがどうして出てくるのか、その原因から最初に解説していきたいと思います。やはりなんでもそうですが、トラブルが起きた時はまずは原因を把握するのが大切ですからね。

原因がわかれば対策方法も見えて来ますし、今後の鼠蹊部や股の付け根の色素沈着の予防にもなりますからね。

もし鼠蹊部や股の付け根の黒ずみをきちんとケアしたい方はまずは一度どうして黒ずみが出てしまうのかその原因からチェックしてみてください。きっと心当たりがあるはずですから。

鼠蹊部・股の付け根が黒ずむ原理とは?

メラニン色素という言葉を聞いたことがありますか?メラニン色素とは私たちの目の色や肌の色を決めるメラノサイトという細胞で作られています。

日焼けした後に肌が黒くなるのは、強い紫外線によってダメージを受けた皮膚を守ろうとメラノサイトがメラニン色素を大量に生成するからです。

このように体のあらゆる黒ずみは、肌が強いダメージを受けたり継続的に刺激を受けることでメラニン色素が生成されているからです。

通常メラニン色素はターンオーバー(新陳代謝)によって時間とともに皮膚から剥がれ落ちていきます。日焼けして黒くなった肌も時間をかけて元に戻っていきますよね。

しかし、肌が刺激を受け続けるとメラニン色素が生成され続けターンオーバーでは間に合わずに色素が皮膚に沈着していってしまうのです。

特に股の付け根(鼠径部)はまぶたよりも皮膚が薄いため、ほかの部位よりも刺激を受けやすく、肌を強くしようとするメラノサイトによってメラニン色素が活発に生成されます。そのため黒ずみができやすい部位なので注意が必要です。

ではメラニン色素が生成され続けてしまう刺激とはいったいどういうものなのでしょうか。

どんな刺激に注意するべき?

上でも書きましたが、鼠蹊部や股の付け根に黒ずみが出るのは肌刺激による場合が多いです。ではそんな肌刺激とは一体なんなのか。もしかしたら「鼠蹊部に肌刺激なんて何もなさそうだけど・・・」と思われる方も多いかもしれませんが、実はいろんなタイプの刺激が存在します。

以下ではそんな鼠蹊部の黒ずみの原因となる刺激について解説していきます。以下で解説する刺激のタイプに関しては、逆に考えるとその刺激を避ければ鼠蹊部の黒ずみの予防になるという視点でチェックするといいかもしれません。

摩擦による刺激

股の付け根(鼠径部)の黒ずみは下着や洋服による摩擦が主な原因です。人は日常の中で歩いたり座ったりしてますよね。そのときの摩擦が積み重なって、知らず知らずのうちに刺激を与え続けているのです。

特に下着のゴムによって常に圧迫されていたり、きついジーンズを好んで履く人は要注意です。摩擦が原因でできた黒ずみは皮膚の深い部分にできてしまうため、改善にも時間がかかる要因です。

女性ホルモンによる影響

女性ホルモンには『エストロゲン』と呼ばれる卵胞ホルモンと、『プロゲストロン』と呼ばれる黄体ホルモンの2種類があります。そのうちの『プロゲストロン』はメラニンの生成を増やす働きがあります。女性ホルモンは思春期ごろより分泌が増え、皮膚の薄い部分が黒ずみやすくなってきます。

特に妊娠するとその身体を守ろうとメラニン色素を大量に生成します。出産によって起こる肌への刺激に備えるためで、陰部や乳首が黒ずんできます。

また日々のストレスによって女性ホルモンのバランスが崩れると、生理不順や自律神経の乱れ、肌荒れといった症状が現れます。それにより肌は刺激を受けている状態になり顔や体にシミなどの色素沈着がみられる場合があります。身体に負担をかけない生活を心がけましょう。

脱毛による刺激

アンダーヘアの脱毛が女性の身だしなみとして一般的になりつつあります。

アンダーヘアをケアするのにカミソリで毛を剃ったり自分で毛を抜くのは、肌に強い刺激を与え黒ずみの原因になります。カミソリは肌に小さな傷をつけますし、毛を抜く行為は刺激を与えるだけではなく、毛穴に雑菌が入り炎症を起こしてしまう可能性がるのです。

また病院やサロンで受けられるレーザー脱毛は、毛根にダメージを与えるだけでなく肌にも強い刺激を与えています。このようにどんな脱毛方法でも肌に刺激を与えていることには違いはないのです。

かぶれや炎症・乾燥

ニキビ跡が黒ずんで残ってしまった経験はありませんか?実はそれは炎症による色素沈着の代表例です。汗やおりもの、生理用ナプキン・通気性の悪い下着または脇の下などは蒸れやすいため、かぶれや炎症の原因になります。

かぶれによってかゆみが引き起こされ、炎症を悪化させてしまうのです。本来生成されたメラニン色素は炎症が治まった後に老廃物として剥がれますが、炎症が長引くとその分メラノサイトは肌を守ろうとメラニン色素を作り続けるので、排出が間に合わず肌に色素が残ってしまうのです。

また乾燥は肌の保湿が保たれずバリア機能が低下します。そうすると外部からの刺激を受けやすくなりメラニン色素が生まれやすくなります。

ターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)の乱れ

メラニン色素は作られてすぐに黒ずみになるわけではありません。部位によって異なりますが正常なお肌ならおよそ28日周期でターンオーバーします。ところが日々のストレスや過激なダイエット、妊娠・出産などで女性ホルモンのバランスが乱れるとターンオーバーの働きが鈍くなります。

そうなると新しい肌に生まれ変わる前に肌が刺激を受けさらにメラニン色素が作られてしまいます。その結果古い角質が積み重なり黒ずみが濃くなっていってしまうのです。

またターンオーバーは30代を過ぎるとその周期が遅れ始め、50代ごろには2~3週間ほど遅くなるといわれています。そのことから黒ずみを予防するには肌のターンオーバーの周期を整えることも大切といえるでしょう。

黒ずみとおさらばしたい!改善・予防案

鼠蹊部と股の付け根の黒ずみ


ここまで鼠蹊部や股の付け根の黒ずみの原因や原理について解説していきました。基本的には肌の摩擦やその他肌刺激が股の付け根の黒ずみの原因というのがわかったと思います。

では次はそれらを踏まえた上でわかる正しい鼠蹊部の黒ずみのケア方法について解説していきます。もし鼠蹊部の黒ずみや色素沈着にコンプレックスを感じている方は以下のやり方を一度検討した上で可能なものから実践してみるのがおすすめです。

身に着ける下着や洋服を見直す

下着は肌触りのいいものを選び、ナイロンやポリエステルといった摩擦が強い化学繊維は避けましょう。ゴムが食い込むようなものは厳禁です。きつめのジーンズや洋服を避け、特に自転車に乗るときは摩擦の少ないゆとりのあるものを選びましょう。(参考:股の黒ずみはショーツやパンツ・パンティー等の下着も関係)

保湿を心がける

股の付け根(鼠径部)は蒸れやすく雑菌が繁殖しやすいため常に清潔を心がけたいですが、蒸れが気になるからといって乾燥させるのもよくありません。乾燥は摩擦の影響を大きくしますから逆効果です。適度に保湿することも必要です。(参考:お股の肌ケアにおすすめの保湿クリームは問答無用でこれ

脱毛方法を変える

カミソリやワックス、脱毛クリームといったセルフ脱毛は肌に与える傷や薬剤による刺激などダメージは大きいです。アフターケアをおろそかにすると炎症を起こしたりしかねません。

それに比べて脱毛サロンやクリニックで行われるレーザー脱毛や光脱毛は、施術後のケアがしっかりしているため肌へのリスクはそれほどありません。

黒ずみ専用の石鹸、クリームを使用する

最近では黒ずみ専用アイテムがいろいろと販売されています。これらは股の付け根(鼠径部)専用に作られていますので肌への負担も少なく、メラニン色素の生成を抑制するものやターンオーバーの促進に働きかける成分が配合されています。

肌のダメージを抑える消炎効果や適度な保湿も与えてくれるので使い続けるうちに効果が表れてくるでしょう。石鹸を使用する場合はゴシゴシと洗いすぎないように注意しましょう。(参考:LCジャムウハーバルソープの股の黒ずみ解消への口コミ)

ターンオーバーの促進に役立つ食べ物

肌の黒ずみはターンオーバーの働きが乱れているのが原因の一つです。この働きを元に戻そうとしてくれる有効な食事を心がければ黒ずみを作りにくい身体へ改善できます。

意識して取りたい食品
  • タンパク質
  • ターンオーバーの働きを助けます。

  • ビタミンC
  • メラニン色素の増加を抑え皮膚に黒ずみが沈着するのを防ぐ。肌の酸化を防ぐ
    コラーゲンの生成を促し肌のハリをアップしてくれます。

  • 亜鉛
  • すでにできてしまった黒ずみに働きかける

  • 鉄分
  • 身体全体に酵素を運び血行を良くします。コラーゲンを作るのに欠かせません。

あなたのニーズに合ったやり方でケアするのが一番

黒ずみのケアはメラニン色素の生成を抑えることが必要不可欠です。できてしまった黒ずみは根気よくケアしていくしかありません。

まずは自分の生活習慣を見直し黒ずみの原因を探ることです。その原因に合った適切なケアをすることが大切なのです。あなたに合った対処方法が見つかるといいですね。

原因や対処法が分からない場合や炎症が長引く場合は、自己流の対処で悪化させる前に迷わず皮膚科へ相談しましょう。

最も賢い鼠蹊部の黒ずみ解消方法とは!?

上で書いたように、鼠蹊部の黒ずみのケア方法はやはりあなたの状況と照らし合わせてニーズに合うものを選ぶのが正しいです。ただ中にはどのやり方でケアするのがいいのか分からないと言う方も多いでしょう。

以下ではそんな方に向けて特におすすめの股の付け根の黒ずみの解消方法について解説していきます。もしどんなやり方で鼠蹊部の黒ずみをケアすればいいのか悩んでいる方は一度チェックしてみてくださいね。

確かに鼠蹊部や股の付け根の黒ずみというのは厄介な症状ではありますが、正しいケア方法を知って実践さえできれば誰でも簡単に対策することができますからね。

やっぱり専用のクリームに頼るのが一番コスパがいい!!

鼠蹊部と股の付け根の黒ずみ


上で色んな鼠蹊部の黒ずみケア方法について解説していきましたが、やはり結論として最もおすすめできるのは股間周りの黒ずみケアに使える専用のクリームを使うことです。

もちろんその他にも美容皮膚科に通ってみるなどの方法もあるわけですが、やはり料金的な面を考えるとこういった専用のクリームを使う方がコストパフォーマンスが良いのは言うまでもありません。

以下では参考までにそんな鼠蹊部の黒ずみケアクリームとして最もおすすめできるハーバルラビットナチュラルゲルクリームの口コミと最安値について紹介しておきます。

もし鼠蹊部の黒ずみにコンプレックスを抱えている方や、どんなやり方で股の付け根の黒ずみをケアすればいいのか悩んでいる方はこういった専用のアイテムについても視野に入れて検討してみてくださいね。

きちんと継続して使うことができれば、鼠蹊部の黒ずみもかなりしっかり綺麗になりますからね。


ハーバルラビットの口コミと最安値を見てみる