股の黒ずみへのトラネキサム酸の効果


股の黒ずみケアに美白クリームなどを使っていて、入っている成分が気になっている人も多いことでしょう。

そんな成分の1つがトラネキサム酸です。

鼠蹊部の黒ずみや股の付け根の色素沈着ケアには欠かせない成分として最近非常に注目されていますよね。

でも本当に股の黒ずみケアに役立つの?と心配している人にトラネキサム酸の効果を紹介しましょう。

トラネキサム酸の基礎知識から股の黒ずみへの有用性まで!!

トラネキサム酸の股の黒ずみへの効果


では早速以下でそんなトラネキサム酸の股の黒ずみ改善の有用性について解説していきます。

もちろんトラネキサム酸についてはあまりよく知らないという方が大半だと思いますので、まずはきちんとトラネキサム酸が一体どんな成分なのかなど基礎知識についても解説した上で股の黒ずみへの効果を解説していきます。

最近では多くの股の黒ずみケアクリームに含まれている成分で気になっていた方も多いと思いますので、もし興味のある方は一度チェックしてみてくださいね。

トラネキサム酸ってどんな成分なの?

トラネキサム酸というのは人工的に作られたアミノ酸の一種なんです。人工的と聞くと肌によくなさそうだというイメージがあるかもしれませんが、医療現場でも使われている安全な成分だから安心してください。

炎症やアレルギーの症状を抑えたり、止血剤として使われていますし、口内炎の薬や風邪薬など市販薬にも含まれています。歯磨き粉にも入っていますし、最近では美白化粧品にもよく使われています。

厚生労働省に認可された美白成分

トラネキサム酸が黒ずみケアに役立つと人気なのは、美白成分として厚生労働省に認可されているからです。メラニンの生成を抑えてシミを予防する効果がありますから、刺激などでできてしまった股の黒ずみケアには最適です。

しっかりとメラニン抑制効果があると認められた成分で、トラネキサム酸が入ったケア剤には医薬部外品とか薬用などと表記されています。明確な効果が謳われていますから、その分黒ずみケアにも期待できるんですね。

どんな風に黒ずみを阻止しているの?

股の黒ずみが起きてしまうのは、何らかの刺激を受けてメラニンが分泌されて、それが肌に定着してしまうからです。

肌が刺激を受けると脳から肌を守るためにメラニンを作れという指令が出て、それがメラノサイトという細胞に届けられてメラニンが作られます。

トラネキサム酸はメラニンを作れという指令を伝達する物質、プロスタグランジンの生成を抑えてくれます。

メラノサイトまで指令が伝わらなくなり、メラノサイトが活性化されないですからメラニンが作られなくなるという仕組みです。

炎症を抑えて肌ダメージの回復を助ける

もう1つ、トラネキサム酸は大事な役目を持っています。黒ずみができている肌というのは、刺激や摩擦によって肌がダメージを受けた状態なんです。

かゆみや赤みが出ることもありますし、肌表面は何事もなくても肌内部ではダメージを受けて炎症を起こしている場合があります。

トラネキサム酸は炎症を回復させる働きがありますから、肌ダメージの回復を助けてくれます。

トラネキサム酸のダブルの効果で黒ずみがきれいに

トラネキサム酸はメラニンを抑える力と肌の炎症を抑える力の2つがあります。デリケートな股に黒ずみができてしまうのは、肌が色んな刺激を受けてダメージを受けているからなんですね。

トラネキサム酸は黒ずみを作り出しているメラニンをストップさせる力と、肌の炎症を鎮めて回復を促す力のダブルの効果で、黒ずみをケアしてくれます。肌の回復力が上がりますからターンオーバーがしっかりと働いてくれて、黒ずみを肌から追い出すパワーも高いんです。

トラネキサム酸入りクリームの副作用の心配は?

股はとてもデリケートですから、ちょっとした化粧品の刺激でも肌荒れを起こしてしまいます。黒ずみケアのためにトラネキサム酸入りのクリームやジェルを使って、肌荒れなどの副作用がないか心配になりますよね。

トラネキサム酸は医療用にも使われていたり、口に入れる歯磨き粉や口内炎の薬にも使われているほど安全です。基本的には副作用の心配はしなくても大丈夫です。

むしろ、トラネキサム酸以外の成分が股などのデリケートな部分に作用して、肌トラブルを起こす危険性の方が高いんです。デリケートゾーンやバストトップに使えるタイプのトラネキサム酸入りクリームなら、低刺激で無添加です。

選ぶ時に肌への優しさを重視して、原材料や無添加かどうかをしっかりチェックしましょう。

どんな部位のケアに適しているの?

トラネキサム酸は万能タイプですから、顔にもボディにもどの部位にも使うことができます。顔のシミ対策として、美白クリームやパック、ジェルなどに配合されています。

ホルモンバランスの崩れでできてしまうシミの一種肝斑のケアにも効果的なんです。もちろん股やバストトップなどのデリケートな部分にも使えますし、脇やくるぶし、ひじやひざの黒ずみ対策にも向いています。

股に使うなら、デリケートゾーン専用のトラネキサム酸クリームがおすすめです。

ローションタイプよりもクリームタイプ

股の黒ずみケアにトラネキサム酸入り化粧品を使うなら、ローションタイプよりもクリームタイプを選びましょう。なめらかなテクスチャーなので手と肌との摩擦が起きにくく、デリケートな股に刺激を与えずにケアできます。

クリームタイプなら油分も入っていますから、乾燥しやすい股をしっかり保湿してくれます。脂溶性の成分もしっかり入っていますから、肌の奥までじんわり浸透してくれて効き目の持続時間が長くなっています。

肌への刺激を避けられて有効な成分を肌に送りやすく、効き目が長いのがメリットですね。

無添加で低刺激な肌に優しいタイプ

顔でも添加物が入っている化粧品で肌荒れを起こしてしまいますよね。股は顔以上に敏感でデリケートですから、添加物は極力避けなくてはいけません。

アルコールや香料、鉱物油などの添加物は、肌の刺激になったり乾燥を引き起こしてしまいます。

新たな黒ずみを発生させてしまったり、肌荒れを起こして肌の機能が低下してメラニンを追い出しにくくなってしまいます。1つでも添加物が不使用なら無添加と表記できてしまうので、無添加の種類が多いものほど低刺激なんです。

公式サイトなどをチェックしてみて、不使用の添加物の種類が多くて肌に優しいものを選びましょう。

トラネキサム酸以外の成分もチェック

股の黒ずみケアはトラネキサム酸だけ入っていればいいわけじゃないんです。しっかり保湿して乾燥を防いでくれたり、肌を柔らかく保ってくれたり、ダメージから守ってくれるなど、色んな効果を持ったものがベストです。

肌のコンディションが崩れてしまうと黒ずみが薄くなるまでの時間が長くなりますし、黒ずみが悪化する可能性だってあります。ベストな肌コンディションになれるよう保湿成分や整肌成分が入ったものなら、それだけ早く黒ずみを薄くすることができるんです。

成分表や公式サイト、口コミなどをちゃんとチェックしてみて、必要な成分がちゃんと入っているかどうかを確かめましょう。

股への刺激を極力避けるようにしよう

トラネキサム酸入りケアクリームを使っていても、原因となる肌への刺激を与え続けていては、いつまで経っても黒ずみは薄くなってくれません。原因をきちんと取り除いてあげた上でトラネキサム酸入りクリームを使うというのが大事なんですね。

下着や生理時のナプキン、締め付けの強い洋服やお風呂での洗い方など、股に刺激を与えていないかどうか今一度見直してみましょう。特にアンダーヘアの間違った自己処理は、肌へのダメージが大きいです。

カミソリや毛抜きは止めて肌と直接触れ合わないヒートカッターや電気シェーバーを使うなど、処理方法を工夫してみましょう。

トラネキサム酸は黒ずみに効果あり

股の黒ずみへのトラネキサム酸の効果


美白成分のトラネキサム酸は股の黒ずみを薄くするのに役立ってくれます。これが配合されたケアクリームで、焦らず時間をかけてケアしてあげるのが一番の方法です。

数ヶ月から半年くらいは最低でもかかるものだと見て、焦らずケアを続けていくのが大事ですね。トラネキサム酸配合の黒ずみケアクリームもいくつかの種類がありますから、選び方のポイントを押さえて自分に合ったものを使いましょう。

ちなみにですが、男の股間の黒ずみ対策方法にももちろん使用できるので、股の黒ずみが気になっている男性も安心して使ってください。

トラネキサム酸配合の股の黒ずみケアクリームのおすすめは!?

ホスピピュアの股の黒ずみへの口コミ


トラネキサム酸は確かに股の黒ずみなどを含むボディ黒ずみには有効と言えます。ではトラネキサム酸を含むクリームは一体どれを使えばいいのか。

ここからは参考になりますが、そんなトラネキサム酸配合のクリームとして股の黒ずみ解消におすすめできるアイテムについて紹介しておきます。

最近では股の黒ずみケアクリームも非常に充実していますが、そんな中でも特におすすめできるのはやはりホスピピュアでしょう。

ホスピピュアは黒ずみ治療に強い知見を持つ湘南美容外科クリニック監修の元作られたクリームで、股の黒ずみ対策クリームの中でも口コミで群を抜いて人気のある商品です。

以下では参考までにそんなホスピピュアの最安値と実際に使った方の口コミについて紹介しておきます。もしトラネキサム酸配合のクリームでの股の黒ずみ対策を検討中の方は一度チェックしてみてくださいね。


ホスピピュアの股の黒ずみへの口コミを見てみる